single-recipe.php

地元の旬の野菜を使った簡単・お手軽レシピを公開。

とれ蔵
『とれ蔵KITCHEN』
トップ

ひもかわ

材料(4人分)

【ひもかわ】

地粉
250g
1つまみ
125cc
コーンスターチ(打ち粉)
適量

【つゆの具材】

にんじん(いちょう切り)
100g
大根(いちょう切り)
100g
里芋(半月又はいちょう切り)
150g
かぼちゃ(いちょう切り)
100g
味噌・醤油
大さじ1
少々
油揚げ(短冊切り)
1枚
豚こま切れ肉
80g
ねぎ(小口切り)
1本
だし汁
5カップ

作成者:武蔵野食文化推進者

作り方

  1. こね鉢に、地粉と塩1つまみを加え分量の水の半量を入れかき混ぜる。またその半量の水を入れかき混ぜる。残りの水を少々残しかき混ぜ、様子を見ながら最後に水が少ないようなら残りの水を足し、耳たぶくらいの硬さにする。良くこねて丸くし、ビニール袋に入れて足で踏み、丸い円盤型にして一晩ねかす。
  2. 台にコーンスターチを振り、ねかした材料にも薄くコーンスターチを振り、麺棒で薄くのす。平らにのせたら一度広げ、コーンスターチを薄く振り、麺棒に巻きつける。麺棒に巻きつけたまま上から包丁で横に切る。麺棒をはずし、7mm前後または好みの幅に切る。
    ★打ち粉にコーンスターチを使うと麺がくっつきにくく、冷蔵庫で4~5日間保存してもすぐ使えて便利です。(一人前120gずつをラップに包んでおくと使いやすいです。)但し、使いすぎるとトロっとし過ぎるので注意。
  3. だし汁に具の材料を入れて煮立て麺を入れ、味噌、醤油、塩で調味する。

みそ味で作ることもある。大きめの椀にたっぷり入れ、あつあつをフーフー言いながら食べた。大きな鍋で翌日温めて食べるときは麺は短く汁はどろっとしていたが、鍋底のおこげがおいしかった。

掲載日:2020年3月9日

関連したレシピ