概況・沿革

名称 いるま野農業協同組合
所在地 埼玉県川越市今成2-29-4
電話番号 049-224-1607(代)
設立 平成8年4月1日
主要施設 本店1/支店55
正組合員数 29,620
准組合員数 70,411
出資金 58億円

※平成31年3月31日現在です。

主要事業の実績

信用事業 貯金 1兆2,263億円
貸出金 4,120億円
共済事業 長期共済保有高 2兆372億円
購買事業 購買品供給高 57億円
販売事業 受託品販売高 104億円
販売品販売高 8億円
宅建事業 取扱高 148億円

※上記主要事業の実績は、平成31年3月31日現在です。

いるま野農業協同組合の誕生

平成8年4月1日、11のJA(川越市、霞ヶ関、入間東部、入間市、狭山市、坂戸市、鶴ヶ島、毛呂山町、越生町、埼玉日高、飯能市)が、「日本でいちばん輝いているJA」を目指して合併し「いるま野農業協同組合」が誕生しました。
21世紀を迎えた平成13年4月2日、JAいるま野はJA所沢市と合併、新生「いるま野農業協同組合」として、輝かしい新時代へスタートしました。

地域の概況

  • JAいるま野は、埼玉県の南西部に位置し、都心から30~60kmの首都圏にあり、総土地面積は698.32km²と埼玉県内の約18.38%を占める地域を事業区域としております。この地域は、10市3町(川越市、所沢市、飯能市、狭山市、入間市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、三芳町、毛呂山町、越生町)からなっており、平成31年4月1日現在の総人口は約160万7千人、世帯数は約69万5千世帯となっております。
    管内を概観すると、西部は、秩父山系に連なる山岳丘陵地帯で、ここを源として、越辺川、高麗川、入間川の河川が東流し荒川に合流しており、東部は、堆積された肥沃な水田地帯を形成しており、中部から南部にかけては、加治・狭山丘陵の入間洪積台地で畑地帯となっています。また、多くの遺跡、史跡、城下町の町並みや奥武蔵自然公園のような豊かな自然を有しており、埼玉県内はもとより首都圏の人々のオアシスとなっています。

農産物の生産

いるま野管内は都心の近郊に位置しながらも、その条件を活かし消費者ニーズに対応した多品目の生産、観光農業など多彩な都市近郊農業が展開されています。いるま野管内の主要生産物は県内において、ほうれんそうの収穫量が40.5%、大根26.2%、ごぼう37.3%、かぶ66.6%、さといも65.4%、茶(生葉)97.4%、採卵鶏(羽数)21.1%を占めており、県内における一大産地として位置づけられおります。さらに、地域の特産品として、梅、ゆず、栗、なし、うど、なども着実に地域に根ざし産地を形成しています。
農業産出額については、いるま野管内全域では約300億円となっています。その産出額のうち野菜類が56.1%、米11.4%、畜産は全体で15.3%を占め、その内訳は鶏卵6.1%、豚4.5%、乳用牛2.9%となっています。