広報WEB版

今月の表紙:川越市 夕日は秩父山系の山々や屋敷林などをミカン色に美しく染めていました。麦は「緑肥」として育て、春先に刈取りを行い畑にすき込むそうです。土中の有機質が豊富になるほか、病害虫被害の軽減などの効果が期待できるとのことでした。夕日を浴び反射した畑のトンネルの中では、すくすくと旬を迎えたホウレンソウが育っていました。

おすすめ特集記事

2018年度の広報
『いるま野』