JAいるま野のご案内

経営理念・基本方針

写真

鋭意専心、全力でJA運営に取り組みます

このたびは、JAいるま野のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
JAいるま野は、平成8年4月に誕生し、組合員や利用者の皆さまから信頼され、地域に必要とされるJAを目指して、地域農業の振興と豊かな地域づくりに取り組んでおります。
当JA管内は、都心の近郊に位置しており、その条件を活かし埼玉県内における葉物野菜・根菜類等の一大産地として、また、狭山茶の主産地として、消費者の皆さまに安心で安全な農産物の提供に努めるとともに、更なる品質の向上に努めています。
また、地産地消の拠点として、各地域で農産物直売所の整備を進めておりますが、今後も地域の皆さまに親しんでいただける施設を目指し、消費者と生産者の橋渡しの場を提供してまいります。
当JAの経営管理面におきましては、農業・JAを取り巻く環境の変化に対応するため、財務基盤の強化に努めるとともに、内部管理態勢の整備を図り、組合員をはじめ地域の皆さまの負託に応える堅実な事業経営に取り組んでまいります。
協同組合が果たす社会的役割の重要性が再認識される中、今こそ原点に戻り、JAいるま野の理念である「人に優しい豊かな地域社会を目指して」のもと、更なる地域社会の発展を目指し、役職員一丸となり邁進してまいりますので、今後とも、より一層のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
このホームページをきっかけとして、より多くの皆さまに、JAいるま野の取り組みを知っていただければ幸いに存じます。

代表理事組合長 大木 清志

理念

人に優しい豊かな地域社会を目指して

基本方針

  1. 「農業者の所得増大」「農業生産拡大」への挑戦
    農協法改正により、JAの事業運営原則は「組合員のために最大の奉仕をすることを目的」とし、「農業所得の増大に最大限の配慮をしなければならない」ものと明確化されました。
    農業生産基盤が急激に厳しさを増す中において、私たちは営農・経済事業の積極的な展開に向けた自己改革を組合員とともに実践してまいります。
  2. JA総合力発揮による地域活性化への貢献
    私たちは農業振興や地域振興、農業の多面的機能発揮に向け、農業者や地域住民と一体となった協同活動を展開し、地域活性化に貢献してまいります。