社会貢献活動等(CSR)

環境に配慮した施設

JAいるま野では、太陽光発電システムを設置した施設を順次導入しています。さらに、あぐれっしゅ日高中央の植木コーナーには、自然土舗装工法(エコグローブ)による歩道を作り、また緑化保全を目的に芝生の駐車場を広く設けました。

太陽光発電システム導入施設

導入施設(導入年月)
山田支店(平成17年3月) 宮町支店(平成18年8月)
あぐれっしゅ日高中央(平成18年11月) 加治支店(平成19年3月)
小手指支店(平成19年12月) 入間支店(平成20年2月)
南古谷支店(平成20年8月) 福岡支店(平成20年10月)
西武支店(平成21年2月) 高麗支店(平成22年1月)
あぐれっしゅ川越(平成22年7月) 越生支店(平成23年7月)
東部統括支店・大井支店・あぐれっしゅふじみ野 (平成23年12月)
鶴ヶ島支店(平成26年2月) あぐれっしゅげんき村(平成26年11月)
本店(平成27年1月) 飯能支店(平成27年12月)
狭山支店(平成28年1月)  

あぐれっしゅ日高中央の芝生の駐車場とエコグローブ

透水性と保水性を備え、アスファルト舗装に比べ表面温度が低くなるのが特徴で、ヒートアイランド対策にもなります。