社会貢献活動等(CSR)

食べてエコ・買ってエコ

顔の見える直売所

野菜の生産者は地元の農家の方です

直売所の野菜は外国産のものとはちがい、顔が見える地元の農家の方々が生産したものなので安心してお召し上がりいただけます。

photo

地元の野菜は体に優しい

仏教用語に「身土不二」という教えがあります。体と土は切り離すことは出来ないという意味で、大正時代に食養会(大日本食養会)という団体がこの「身土不二」を「地元の食品や伝統食が身体に良い」という意味で全国に広めました。
現在でも食事療法などはこの様な考え方から指導しているものもあります。また、中国に伝わる言葉で「医食同源」という言葉があります。薬は健康を保つ上で毎日の食べ物と同じく大切であり、美味しく食べることは薬を飲むのと同様に心身を健やかにしてくれると言う思想です。
地元の野菜を美味しくいただくことは、体に優しいということですね。

直売所のお買い物=地域環境に貢献

photo

輸送エネルギーの低減をしています

一般にスーパー等にある野菜は種類が豊富ですが、遠くから運ばれてくるものも多くガソリンなどのエネルギーをたくさん使います。
しかし直売所は地元の農家が直接直売所へ出荷しています。したがって輸送エネルギー量が少なく、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出を抑えることができます。つまり、直売所のお買物=地球環境に貢献なのです!

フードマイレージ

食料の生産地から消費地までの距離に着目し、なるべく近くで採れた食料を食べることで、輸送に伴うエネルギーを低減し、環境負荷を軽減できると考えられています。

マイバック持参のあなたを応援します!!

photo

1年間に家庭から排出されるレジ袋は約60万トンで、家庭ごみの約6.7%(容積比)になります

買い物袋(マイバッグ)を持参すればレジ袋は不要となります。ちょっとした心掛けで資源を無駄にせず、ごみを減らすことが出来ます。
始めてみませんか?マイバッグでお買い物!
身近な直売所をご利用ください。

直売所のご案内ページはこちら