社会貢献活動等(CSR)

AEDの導入

高齢化が進むなかで、いるま野の支店・施設に来店される方々が突然体調不良を訴え、場合によっては心肺停止状態になるケースが予測されます。
そこで、JAのCSR(企業の社会的責任)のひとつとして、いるま野全施設においてAED(自動体外式除細動器)を導入し、不測の事態に備えるとともに地域貢献活動を果たします。

AEDとは?

photo photo

Automated(自動)External(体外式)Defibrillator(除細動器)の略で、心電図上で心室細動状態にある場合に強い電気ショックを与えることにより心臓に規則正しいリズムを取り戻させるための機器のことです。
従来は、「AED」の使用は医療行為にあたり、医師や救急救命士など資格のないものは医師法等に抵触しましたが、平成16年7月の厚生労働省の通知により、一般人(非医療従事者)も「AED」の使用が可能となりました。

全職員による救命講習会の参加

来店された方や地域の方々が突然心肺停止状態にさらされてしまった場合に、適切な対応をするために、いるま野の全職員が「AED」を使用できるように消防機関による普通救命講習に順次参加しています。

「AED」導入施設

いるま野では心肺停止等の緊急事態に備えるために全施設に「AED」を1台ずつ設置しています。(いるま野全施設で76台) イベント等が開催される場合にも持ち運びが便利なために現地へ持参し、心肺停止等の緊急事態にも対応します。