営農事業

農薬チェックシステム

農産物の出荷の際、農産物の日記(生産履歴書)を生産者から提出を受けます。JAの農薬チェックシステムを使用し、農薬が安全使用されているかの確認を行い、合格した「安心・安全」な農産物だけを出荷しています。

農薬チェックシステムの流れ(野菜の場合)

  1. 種を播くたびに野菜の日記(生産履歴書)を記入するので、年間に膨大な量の生産履歴書が生産者から提出を受けます。
  2. 野菜の日記(生産履歴書)は、堆肥・肥料の散布等、土づくりの段階から記帳を始めます。
  3. 野菜の日記(生産履歴書)には、いつ・どの様な農薬を・どの様に使用したかも記入します。また、サンサンネット・マルチ等の資材を使用し、極力ひかえる努力を行っています。
  4. 大切に育てた野菜を収穫し、丁寧に荷造を行います。この丁寧な荷造り作業が市場・量販店で評価を頂いています。
  5. まず、出荷の前に、野菜の日記(生産履歴書)をJAいるま野の農薬チェックシステムで確認を行います。野菜の日記(生産履歴書)を農薬チェックシステムに入力、農薬が適正に使われているかをチェックします。もし、不適正な農薬の使用方法だった場合は、どの様な内容でエラーだったか表示され、内容を生産者につなぎ、出荷停止(廃棄処分)となります。
  6. 農薬チェックシステムに合格した「安心・安全」野菜は、次に品質検査を行います。

すべての検査に合格した「安心・安全」な新鮮ないるま野野菜が市場へと出荷されます。

このページの情報は私たちが発信しています。
掲載内容についてのご質問・お問い合わせはこちらまでお願いします。

いるま野農業協同組合 営農指導部 営農企画課
TEL.049-227-6153 FAX.049-226-2251
メールでのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします。