JAいるま野写真コンテスト

作品募集

JAいるま野は10市3町からなり、管内の西部は、秩父山系に連なる山岳丘陵地帯、東部は堆積された肥沃な水田地帯を形成し、中部から南部にかけては、加治・狭山丘陵の入間洪積台地で畑地帯となっています。多くの遺跡、史跡、城下町の町なみや奥武蔵自然公園のような豊かな自然が残されています。
この自然・文化を「いるま野、農の風景」(農業をイメージする写真)として、後世に伝えるため、写真コンテストを開催し写真を募集するものです。

企画
いるま野管内で撮影された写真作品を募集し、審査後に入選となった作品等をJAカレンダー、JA広報誌等に利用・掲載します。
テーマ
「いるま野、農の風景」(農業をイメージする写真)
規格
デジタル写真(JPG形式、1MB以上をEメール又はCDで送付)(紙焼き写真の場合は2Lサイズ)写真のタイトル、撮影日時、場所を明記。
締切
平成29年6月30日(金)
応募要項

いるま野管内(川越市、所沢市、飯能市、狭山市、入間市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、三芳町、毛呂山町、越生町)に在住の方で、上記の市町で撮影されたもの。
写真は平成26年1月以降の作品で、未発表のものに限ります。

※人物の写真は、事前に応募及び掲載の許可を必ず取得してください。

※応募して頂いた作品は返却致しません。応募作品の権利は全てJAに帰属します。

※写真作品を広報誌「いるま野」、JAカレンダー等の発行物に作品のタテ・ヨコの比率を変更し、掲載する場合があります。

※応募は一人3点までに限ります。受賞は一人1賞となります。

応募方法
  1. 電子メールで、画像を添付、郵便番号、住所、氏名、電話番号、タイトル、撮影日を明記し、下記の(Eメールはこちら)より送信してください。
  2. 画像データをCDに入力し、郵便番号、住所、氏名、電話番号、タイトル、撮影日を明記し、下記の住所に送付又は、支店窓口にお渡しください。
  3. 紙焼き写真の場合は2Lサイズの写真、郵便番号、住所、氏名、電話番号、タイトル、撮影日を明記し、下記の住所に送付又は、支店窓口にお渡しください。
審査
JAが委嘱する審査員にて選考決定します。
発表
平成29年度 広報誌「いるま野」誌面、ホームページにて。
応募先
JAいるま野 総合企画部 企画課
〒350-1105 川越市今成2-29-4 (Eメールはこちら
問合せ
JAいるま野 総合企画部 企画課 電話 049-227-6318
各賞
最優秀賞 1点: 20,000円相当の商品券/優秀賞 2点: 10,000円相当の商品券

※お申込の際取得した個人情報は、写真コンテスト、JAカレンダー以外には使用いたしません。

2016年のコンテスト

写真

四季折々ゆたかな自然に恵まれ、産業・文化など 様々な分野で発展するいるま野地域や、都市と農業が 調和した緑豊かな自然・文化を「残したい・伝えたい・ いるま野の風景」として表現いただきました。
応募作品119点の中より、入賞作品8点をご紹介い たします。

(右記写真)最優秀賞「初秋」

詳細PDFはこちら

2015年のコンテスト

写真

四季折々ゆたかな自然に恵まれ、産業・文化など様々な分野で発展するいるま野地域を都市と農業が調和した緑豊かな自然・文化を「残したい・伝えたい・いるま野の風景」として表現いただきました。応募作品78点の中より、入賞作品8点をご紹介いたします。

(右記写真)最優秀賞「春支度」

詳細PDFはこちら

2014年のコンテスト

写真

四季折々ゆたかな自然に恵まれ、産業・文化など様々な分野で発展するいるま野地域を都市と農業が調和した緑豊かな自然・文化を「残したい・伝えたい・いるま野の風景」として表現いただきました。応募作品71点の中より、入賞作品7点をご紹介いたします。

(右記写真)最優秀賞「水田から富士をのぞむ」

詳細PDFはこちら

2013年のコンテスト

写真

四季折々ゆたかな自然に恵まれ、産業・文化ある風景として表現いただきました。 農業が調和した緑豊かな自然・文化を「農」の など様々な分野で発展するいるま野地を都市と応募作品92点の中より、入賞作品7点をご紹介いたします。

(右記写真)最優秀賞「龍蛇雨乞」

詳細PDFはこちら

JAネットバンク

法人向けJAネットバンク