営農事業

安心・安全な農産物づくり

トレーザビリティの取り組み

輸入野菜の残留農薬問題、無登録農薬使用問題に端を発し、食への安心・安全が揺らぐ中、JAいるま野は都心近郊の一大供給生産地として消費者が安心して食べられる安全な農産物の生産供給を行うため、全国に先駆け平成14年10月22日に市場向け野菜をはじめとして生産者組織とJAが一丸となった「農産物の生産履歴記帳運動」を開始しました。
JAいるま野は都市農業とすばらしい自然環境を次世代に残すためにも、環境の保全に努め、地域住民に潤いを与える農業を展開していきます。

「安心・安全」基本方針

  1. 農産物生産を通じた安心の提供
  2. 生産工程管理による安全の確保
  3. 豊かな食生活の実現
  4. 消費者に潤いを与える農業の展開

「安心・安全」農産物生産原則

  1. 生産履歴の記帳及び運動の趣旨の徹底
  2. 農薬チェックシステムによる安全確保
  3. 環境と調和のとれた環境に優しい農業の展開
  4. 残留農薬自主検査の実施
  5. 内部監査の実施

このページの情報は私たちが発信しています。
掲載内容についてのご質問・お問い合わせはこちらまでお願いします。

いるま野農業協同組合 営農指導部 営農企画課
TEL.049-227-6153 FAX.049-226-2251
メールでのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします。