JAいるま野こども料理コンクール

第11回 JAいるま野 こども料理コンクール

みんなは自分の住んでいる地域でどんな農産物・畜産物が作られているか知っているかな?
JAいるま野では地元の野菜やお肉を使った料理を募集しています。
「おうちではこうやって食べているよ」というレシピ(料理の作り方)をおしえてください。
おとうさんやおかあさん、家族のみなさんと一緒に考えてみてね。

保護者の方へ

応募資格
JAいるま野管内小学生(1年生から6年生)
(川越市、所沢市、飯能市、狭山市、入間市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間郡越生町の小学生)
※個人応募といたします。
応募時の諸注意
テーマ「ごはんに合うおいしいおかずやごはんを使った料理」
  1. 地元の農畜産物を使った料理で、和食・中華・洋食等のジャンルは問いません。
    応募作品は地元の農畜産物を使った未発表のオリジナル作品に限ります。食材は、最終審査〈実技〉(2月下旬)に揃うものにしてください。
  2. 調味料等は一般的なものとします。
  3. 作る品数は1品とします。
  4. 調理時間は概ね1時間以内とします。
  5. 応募は複数可能です。
    応募数の制限はありませんが入選は1人1点とします。
  6. 応募後のレシピの変更は原則認められませんので、予めご了承ください。
応募締切
平成29年1月10日(火)まで(当日消印有効)
各賞
優秀な作品には、賞状・賞品のほか、新鮮なJAいるま野産農畜産物のプレゼントがあります。
(応募者全員に参加賞をさしあげます。)
最優秀賞 1名 (賞状・副賞)
優秀賞  2名 (賞状・副賞)
特別賞  11名(賞状・副賞)
女子栄養大学学長賞 1名(賞状・副賞)
応募方法
下記リンクから応募用紙を印刷して必要事項を記入し、料理の写真を添えて、事務局まで郵送又はJAいるま野各支店にお持ちください。
審査
書類審査で、テーマに沿った内容のもの・作りやすさ・普及性・料理の工夫などの総合点で入賞作品15点程度を決定します。書類審査通過者には2月上旬頃に事務局からご連絡いたします。

入賞者は最終審査で実際に4人分を調理していただき、審査します。
審査員は、女子栄養大学教授などがあたります。
[最終審査]
日時/平成29年2月26日(日) AM10:00~PM2:00(予定)
会場/女子栄養大学 坂戸キャンパス(坂戸市千代田)
結果発表
JAいるま野広報誌、ホームページ上で発表します。
その他
  1. 応募書類は返却いたしません。また応募作品の著作権・所有権は主催者に帰属します。
  2. 最終審査に進まれた方のお名前(フルネーム)・写真・レシピは、当JAのホームページや広報誌、新聞等で紹介させていただくことがあります。
  3. ご記入いただきました個人情報は、当コンクールの連絡及び運営に使用いたします。
  4. 最優秀賞に選ばれた作品は、JAいるま野農産物直売所の惣菜コーナーにおいて期間限定で販売をする予定です。但し、作品の内容によってはお取扱いができない場合や販売する際に多少アレンジする場合もあります。
応募先・問い合わせ
JAいるま野総合企画部生活組織課「JAいるま野こども料理コンクール」
〒350-1105 埼玉県川越市今成2-29-4 TEL 049-227-6325
下記リンクから応募用紙をダウンロードできます。

応募期間は終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

第11回JAいるま野こども料理コンクール

写真

JAいるま野は2月26日、女子栄養大学(坂戸市千代田)で「第11回JAいるま野こども料理コンクール」を開催しました。当日は書類審査で選ばれた15人が、腕前を披露しました。

このコンクールは、管内で生産された農畜産物を使った料理レシピを募集し、こどもの食に関する考え方や興味を引き出すとともに、地元農畜産物をより身近に感じてもらい、食べ物の大切さの理解を深めてもらう事が目的です。

詳しくはこちら

JAネットバンク